• ホーム
  • アフィリエイトは法律に守られています

アフィリエイトは法律に守られています

アフィリエイトは広告収入の得られる立派な商売です。
ですから法律による規制もあります。
2019年の時点では8種類の法があること、その内容について知っておく必要があるでしょう。
2019年時点でのものですから、今後もまた新たな法が制定される可能性はあります。

景品表示法とは誇大広告を禁止する法律です。
とにかく商品を売ることが大事、とはいえ実際のものからかけ離れた表現は消費者を騙すこととなります。
そうならないためにも消費者庁にて景品表示法はあります。

著作権法については有名なのでご存知の方も多いでしょう。
文芸や学術・美術や音楽などあらゆるものが著作権法で守られています。
これはアフィリエイトの世界でも例外ではないのです。

化粧品や医療品・健康食品などのアフィリエイトを行うなら薬事法を守らなければなりません。
「これを使えばにきびが治る」などの謳い文句は効果を確実なものと断定してしまっており、これはよく見かけるかもしれませんが薬事法違反なのです。

金融商品取引法はFXなど金融商品を取り扱う際に関係します。
こちらも誇大広告や間違った内容・古い情報は記載しないことです。
金融商品取引法に引っかかるでしょう。

賃金業法はクレジットカードやローン系のアフィリエイトを行なう場合、もしも貸付利率などの細かい数字を間違っただけでも賃金業法違反となるのでかなりの注意が必要です。

特定電子メール法はメールマガジンを使ったアフィリエイトに注意です。
メルマガ購読者のみに送信するようにして解除フォームも掲載しておくこと、読者がメールアドレスを取得した日時や場所や方法はきちんと記録することです。
この3点が特定電子メール法では重要です。

個人情報保護法も有名な法律です。
もしも個人情報をデーターベース化下上で事業活動に利用しているというなら個人情報保護法にも関係してきます。
メルマガ購読者を含めて個人情報を守ってやらねばならないでしょう。
法人だとPマークを取得しているところも多いです。

アフィリエイトでお金を稼ぐ以上は所得税法も関連してきます。
少額ならまだしもある程度の金額を得ているならば確定申告も行わねば所得税法を違反することに、しらなかったでは済みません。
お金を得たいと考え世界中の人々に発信するブログという形を取っている以上は、自身のすることに責任を持ちましょう。
どの分野で行うかでそれに関連する法律は抑えておくと良いです。

サイト内検索
人気記事一覧